かおるは考えた

マンガ、映画、ドラマ、音楽、商品レビュー、アプリ、ヒゲ脱毛、女装、カメラなどの感想

「イケメンになりたい」「かっこよくなりたい」男子にカラコンをオススメする6つの理由

スポンサードリンク

f:id:hamchang:20171105231647j:plain

「イケメンになりたい」とか「かっこよくなりたい」って願っている男子はいますか?

女の子に人気のあるイケメン君を見ていると、自分もあんな風にモテたいって考えてしまいますよね(*’▽’)

そんな男性に私がオススメしているのは1に服装、2に髪型、3にカラコンです。

この記事ではカラコンについて書きますが、まずは服装と髪型の清潔感とオシャレさにこだわって下さい。

男の子は女の子の顔の中身や体を見ることが多いですが、女の子は男の子のファッションをチェックすることが多いんです。

なので、まずは服装と髪型に気を遣った上で、「顔そのものをもっとイケメンにしたいんだ」という方にオススメする記事となっております。

ではなぜ男子にカラコンをオススメするのか、その理由を説明しています。

瞳の大きさで人の印象は大きく変わる

f:id:hamchang:20171105111006j:plain

上の写真は片目がカラコンあり、片目が裸眼の私の画像です。

片方ずつ手で隠してみてみると、だいぶ印象が違うのではないでしょうか?

個人的には裸眼だと少し冷たくて生気が感じられないように見えますが、カラコンありは温かくて、生き生きした印象を受けます。

好みの問題もありますし、どちらが良い、悪いというわけではありませんが、みんなから親しまれやすい雰囲気を出せるのはカラコンありの目だと私は感じます。

私の裸眼での黒目の大きさは約13mm。このカラコンの着色直径(色のついている部分の大きさ)は13.6mm。たったの0.6mmでも結構違いが出るものですね。

カラコンの着色直径のオススメは目の大きさによって異なるので、購入を考えている方はこちらの記事を読んでみて下さい。

hamchang.hatenablog.com

上の記事にも書いてありますが、日本人の瞳の白目と黒目の割合の平均は1:1.5:1。理想とされる瞳に比べると黒目が小さい人が多いので、カラコンを入れるとイケメンになる人も多いんですね。

ちなみに私の場合は裸眼でも黒目が目の大きさに対してそれほど小さくないのですが、それでも画像のように大きな変化を感じます。

なので裸眼が三白眼の人はもっと大きく顔の印象を変えることができると思いますよ。

f:id:hamchang:20171105114505j:plain

女性の画像になってしまいますがこちらの方は黒目小さめなので、カラコンのありなしでビフォーアフターが大きく変わりそうですね(*’▽’)

メイクは左右で同じなのにこんなに印象を変えられるのだから、カラコンをすることがどれだけイケメンになるのに効果的か、わかって頂けるかと思います。

手間がかからない

f:id:hamchang:20171105231701j:plain

女の子にモテたいと思って服をオシャレにしようと思うと結構お金や手間がかかるものです。レディースは安くて可愛い服がいっぱいありますが、メンズは安くてセンスの良い服が極端に少ないんですよね。

お洋服は定期的に買い換えるので、探す手間って結構ムダ。もちろんファッションが大好きな人は服探しも楽しいと思いますが、ただかっこよくなりたいという動機で大して興味もない、安くてオシャレな服を探すのは意外と苦痛なものです。センスがよくないとコーディネートにも時間が取られたりしますしね。

その点カラコンは最初に選んでしまえばあとは同じものを毎日着けて、なくなったら同じものを買いなおすだけ。特に手間や時間はかかりません。

裸眼で視力が良い方にとっては、コンタクトレンズの着け外しは少し煩わしいかもしれませんが、慣れるとそれほど時間のかかる作業ではありません。そして普段から視力矯正用のコンタクトレンズを使っている人は、モノをカラコンに変えるだけなので今までの生活に何一つ変化は生じませんよね。

見た目の印象を大きく変えてくれるのに、意外と手間がかからない良いヤツなんですよ、カラコンって。

意外とお金がかからない

f:id:hamchang:20171105231713j:plain

手間がかからなくてもお金がかかるとイヤですよね。でもね、ハッキリいいますが・・・カラコンもある程度はお金がかかります。

ただそれは当たり前のこと。お洋服を買うにしても、美容院に行くにしても、整形をするにしても、無料でイケメンになる方法なんてないんですよね。

問題なのは支払うお金に見合うだけの効果が得られるか。個人的にはカラコンは十分に費用分以上の効果があると感じていますし、最近の女性たちの間でブームになっていることもそれを裏付けていると思います。

実際にどれくらいの金額がかかるかは選ぶカラコンによって異なります。

例えば一番有名なジョンソンエンドジョンソンの2ウィークアキュビュー ディファインで計算してみましょう。

一箱6枚入りで送料込み2,646円(記事執筆時点での価格.com調べ)です。2週間の使い捨てですが両目に使うので6週間、42日間持つことになるので・・・

2642÷42 = 63

一日あたり、63円かかることになります。30日間だと1,890円、一年で22,995円。これが高いと思うか安いと思うかは人によると思いますが、詐欺レベルに盛れることを考えると私はそれほど痛い出費だとは感じませんね。

それに視力が悪いからどうせコンタクトレンズをしている人からすれば、少し出費が増える程度だと思います。

カラコンではない、通常の2ウィークアキュビュー(一箱6枚入り)を使用している場合、2,386円(記事執筆時点での価格.com調べ)なので、一日あたり57円かかっています。この程度の違いだったらディファインを買った方がお得な気がしますよね。

ちなみにジョンソンエンドジョンソンはコンタクトレンズのトップメーカーなので、お値段はそれなりにお高めです。カラコン先進国の韓国のショップの通販では、日本までの送料込みで計算したとしても、一日あたり5~10円程度で使用できるカラコンを購入できるところもあります。

今は毎日装着する前提で計算しましたが、デートの時や飲み会の時など、ここぞという日にだけカラコンを着けるという使い方をすれば、費用はもっと劇的に安く済みます。その場合はワンデータイプのカラコンを選ぶようにしましょう。

カラコンというと「お金がかかる」というイメージがあるかもしれませんが、実は今は学生さんでも気軽に手を出せるくらい、とってもリーズナブルになっているんですよ。

人からバレにくい

かっこよくなりたいからといって、メイクをしたらバレバレです。またオシャレな服や髪型は過度にしすぎるとナルシスト感が出たり、自分で恥ずかしくなってしまう場合もありますよね。

その点、カラコンは詳しい人がよく見ないと装着しているかどうかも判別しにくいので気軽に手を出しやすいと言えます。

別にメイクがバレたからといって、問題はないんですけど・・・やはりまだまだ男性がメイクをしているとそれだけで敬遠してしまう人が多いことも事実。もちろんカラコンの場合も気づかれて敬遠される可能性がないわけではないのですが、ナチュラル盛り程度のカラコンを使っていればそうなる可能性はかなり低いと思ってもらって大丈夫です。

あんまりかっこつけてる雰囲気を出したくはないけど、実はかっこつけたい男子にカラコンはオススメできます。

まだカラコンを着けている男性が多くない

一般的な男性はあまりカラコンの効果や、最近手を出しやすい値段になってきていることに気づいていません。

美容やファッションに敏感な女性たちはみんな使っているのに、そんなことも男どもは知らなかったりします。知っていたとしても自分が使ってみようとはほとんどの人が思わないんですよね。

なので男性が取り入れれば、かなり他の人との差別化を図ることができます。こっそりと周りのライバルたちを出し抜けるわけです。

魅力的な瞳に魅せられると生まれる言葉の説得力。「男性が真剣に話している姿が好き」という女性も多いので、カラコンはあなたを輝かせるための一つの助けになってくれるかもしれませんよ。

男の子は顔そのものを変える方法が他にない

体型が太っているならダイエットをすれば良いし、ヒョロヒョロなら鶏肉を食べて筋トレをすれば良い。

ファッションがダサいなら服や髪型を変えれば良いだけです。

ではお顔がコンプレックスの場合は・・・?

女性の場合はメイクという魔法を使うことができますが、普通の男性はそれができません。

男性がお顔を直接魅力的にする、唯一の方法がカラコンだと私は思います。

もちろんカラコンでは鼻の形は変わりませんし、顔の輪郭も変わりません。

それでも目という顔の中でも最重要なパーツを盛ることができます。

日本人の平均的な目の大きさ以下の場合はカラコンを着けることで魅力的な瞳に変えることができるので、この記事を読んで気になった方はぜひ一度試して欲しいと思います。

ちなみにカラコンありなしの私の比較画像で使用していたのはコチラのカラコンのO2チェリーというカラーでした。

LA FILLE 水と酸素のO2カラコン

以上、「イケメンになりたい」「かっこよくなりたい」と願う男子にカラコンをオススメする理由でした。

ちなみに女子にモテたいと思う場合は清潔感が一番大事です。青髭に悩んでいる方はヒゲ脱毛がオススメなので、良かったらこちらの記事を読んでみて下さい。

hamchang.hatenablog.com