かおるは考えた

マンガ、映画、ドラマ、音楽、商品レビュー、アプリ、ヒゲ脱毛、女装、カメラなどの感想

女装したい男子集合!世界一簡単に女装する方法を教えるよ。

スポンサードリンク

f:id:hamchang:20171001173124j:plain

私もそうですが「女装したい」とか「男の娘になりたい」っていう願望を持っている男性は多いと思います。

でも実際にやってみようと思ってもなかなかハードルが高い・・・。

お化粧品をどこで買えば良いのか、何を買えば良いのか、メイクの仕方、ウィッグの選び方、お洋服の選び方など、男子にはわからないことが多すぎますよね。

しかも最初は家族に内緒でやりたいので、メイク道具や服をどこかに隠さないといけないし、家に人がいない時間を見計らってしなくていません。だって親やお友達にバレるとこの先、生きていけそうにないもん。

そんなことをいろいろ考えると、「ちょっと女装は無理かも」って諦めちゃいますよね。

そこで今回は私が行っている、とっても簡単でお手軽な女装の仕方を教えます。

本格的な女装ではありませんが、普段の自分とはまったく違った写真を残すことができますよ。

f:id:hamchang:20171001112809j:plain

この方法を使って撮影した私の写真がコチラや冒頭のAfter写真。女性に見えるかは自分ではわかりませんが、普段の自分よりは少しは可愛くなっていると思います。

それでは私が行った女装写真の撮り方を説明していきますね。

Step1 女装用のウィッグを買う

Step1が一番ハードルが高くて恐縮です。今回の方法で使う道具はウィッグ(カツラ)だけ。あとは写真を撮るためのスマホがあればオッケーなので、このステップだけ頑張ってクリアして下さい。

ネットで注文してご家族に勝手に開けられたりしない限りはバレることはないと思います。

どのウィッグを買えば良いかわからない人はリネアストリアアクアドールなどを買うとハズレがなくて、且つお値段も安いのでオススメです。

詳しいウィッグの選び方はこの記事にまとめてありますので、よかったら読んでみて下さい。

hamchang.hatenablog.com

お値段は1,000円~4,000円くらいといったところ。多少の出費になりますが、このお金を出せない人は女装には向いていないかも。だって本格的にやりたいって思ってお化粧したり、お洋服を買ったらもっともっと高くつくもん。

さて、ウィッグを買ったらさっそく被ってみましょう。あ、でもその前にウィッグを装着しちゃうと着替えができなくなるから、先に女の子っぽく見えるようなお洋服を着た方がいいかも。メンズのTシャツとかでも首元の開きが大きいものを選ぶと女性っぽい感じに見えます。

ウィッグを被ったらこんな感じに変身します。

f:id:hamchang:20171001173246j:plain

※同じような表情や角度で撮ったつもりですが、別日に撮ったので光の当たり方が違ったのか、ちょっと明るさが違います。

もちろんまだまだ男がカツラを被っているだけに見えるかもしれませんが、髪型が変わるだけでも少し可愛く見えてきませんか?

ご自分で撮ってみて、この時点で「うわっ……私の自撮り、ブスすぎ……?」と思った方、こちらの記事に自撮りのコツを書いてありますので、参考にしてみて下さい。

jidori-kotsu.com

それでは撮った写真をもっと女性らしく、綺麗にしていきましょう。

Step2 BeautyPlusで肌を綺麗にする

次はスマホのアプリを使って写真を綺麗にしていきます。結構私は好きな作業です♪

自撮りアプリにはだいたいお肌を綺麗にしたり、パーツを修正したりできる機能があります。パーツまで修正しなくても良いかもしれませんが、基本的に男性のお肌は女性よりも汚いことが多いので、お肌は綺麗にした方が絶対に女性っぽくなりますよ。

私が使うよく使うアプリはBeautyPlusですが、B612でもカメラ360でもサイメラでもどれでも大丈夫です。

BeautyPlusの使い方はこの記事に詳しく書いてありますので、参考にしてみて下さい。

hamchang.hatenablog.com

ウィッグを被って撮った写真をBeautyPlusで加工するとこんな感じ。

f:id:hamchang:20171001173411j:plain

行った加工は、肌磨き、細い鼻、彩度です。お肌を綺麗にして、鼻を少し小さくして、色味を少し濃くしました。彩度を上げたのは肌磨きで少し写真の色が白っぽくなってしまったからです。実物の私よりはだいぶ可愛くなりましたよ~。

Step3 MakeupPlusでお化粧する

さて、今はまだすっぴんの状態。これからアプリを使って自撮り写真にお化粧をしていきます。

使うアプリはMakeupPlusというもの。「アプリでお化粧なんてできるの?」って思うかもしれませんが、ワンタッチでファンデーションもリップもアイメイクも全部済ませてくれるんですよ。

MakeupPlusの使い方はこの記事に詳しく書いてあります。

hamchang.hatenablog.com

先程BeautyPlusで加工した写真をMakeupPlusで加工するとこんな感じ。

f:id:hamchang:20171001173512j:plain

使用したメイクテーマはFlipped。まつ毛が長くなってリップもついて、アプリでメイクしたってわからないくらいくらい自然にできてません?

以上で世界一簡単な女装のやり方になります。慣れればウィッグを被って写真を撮って加工するまで三分くらいで終わります。お手軽でしょ♪

「これは女装とは言えない」と思った方へ

ここまでの文章を読んで「こんな写真だけ撮っても女装とは言えない!(ブスだし)」と思った方も多いかもしれませんね。

確かにレディースの服も着ないで、メイクもしないで、女装というのは少し大げさだったかもしれません。

ただ私は入り口はこれくらい手軽な方が良いと思うのです。冒頭で書いたように、女装をするというのは色々リスクや問題が起きることがあるので、アレも買ってコレも買って、だときっと躊躇しちゃうもん。

普段の自分とは違った写真が撮れて「むふふ、私って可愛い」って嬉しくなれることが一番大事。たとえそれが自己満足だとしても!

写真の中だけでも「女の子を装う」ことができればそれは「女装」なんじゃないかなって私は考えます。

なので今回は「世界一簡単な女装のやり方」という言葉を使って、お手軽な女装写真の撮り方を解説させて頂きました。

ここからスタートして本気で女装をしたいと思った方は、お化粧品を買ったり、レディースのお洋服を買ったりしてみて下さい。自分でやるのは難しいと思った方は女装サロンに行ってみるのも良いかもしれませんね。

今回の記事が女装初心者の皆様にとっての最初の一歩になったら嬉しいと思います。

以上、世界一簡単な女装のやり方について、かおるがお伝えしました。