読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かおるは考えた

マンガ、アニメ、映画、テレビドラマ、音楽の感想やレビュー中心の日記

盛れる自撮りアプリ「ビューティープラス」の使い方!可愛いセルフィーを撮る方法♪

f:id:hamchang:20170520003807p:plain

自撮りを可愛く、またはイケメンに撮りたいみなさん、こんにちは。かおるです♪

今回はセルフィー写真をすっごく盛れるカメラアプリ、「BeautyPlus」の紹介です。美肌機能はもちろん、目を大きくしたり、鼻を小さくしたり、輪郭を変えたり、足の長さを変えたり、フィルターで雰囲気を変えたり、動画を撮ったり、欲しい機能はほぼ全て揃っています。

プリクラ並みに盛れるアプリとして有名ですが、不自然じゃない程度にナチュラルに仕上げることもできるので、おすすめの加工や使い方などをこの記事では解説していきたいと思います。

Camera360、サイメラ、B612など様々な自撮りアプリを試した私が、真っ先にオススメするのがビューティープラスです。 ぜひ自慢の自撮り写真をツイッターやインスタグラムにあげて下さい。

まずはビューティープラスをインストールして起動

App Store、またはGoogle Playでビューティープラスをインストールして下さい。

インストールしてアプリを立ち上げると、最初に「あなたの肌色に一番近い色を選んで下さい」という画面が出てくるので、一番近いものを選びます。

これによってその人の肌の色に合った最適な加工をしてくれます。

各メニューの説明

f:id:hamchang:20170520002333p:plain

①写真を撮る時は自撮りアイコンをタップします。自撮りとありますが、もちろん普通にアウトカメラで写真を撮ることもできます。

②パーツ編集は写真の加工、③二次元カメラはアニメのような見た目にするカメラ、④美肌動画は動画の撮影機能(時間は最大で20秒)、⑤落書きペンは文字やキラキラを入れたりできます。

個人的には二次元カメラは使い道がないし、動画も長く撮れるなら使えるのですが、20秒しか無いとなかなか・・・。ただ他のアプリではボタンを長押ししておかないと動画が撮れないものも多いですが、BeautyPlusは一回タップすれば動画を撮り続けてくれるのでその点は便利ですよ。落書きペンもあまり文字入れとかはしないので使いませんね。

ということで、私がよく使うのは自撮り、そして撮り終わってから加工するパーツ編集です。

自撮りのメニューとかわいく撮るコツ

自撮りをタップすると下の画面になります。すでに他のカメラアプリなどで撮った写真をパーツ編集で加工することもできますが、ビューティプラスは写真を撮る時点で美顔効果をかけられるので、このアプリで改めて自撮りをするのがオススメです。

f:id:hamchang:20170520002400p:plain

①×ボタン:メニューに戻る

②サイズ変更ボタン 1:1、4:3、全画面から選べます。

③タイマー設定、タッチシャッター(画面に触ると写真が撮れる)設定、美顔効果のありなし、撮影設定

④画面光補正オンオフ(よくわかりません)

⑤インカメラ、アウトカメラ切り替え

⑥アルバム(ここで写真を選択してスマート美顔をタップすればワンタッチで綺麗なお顔にしてくれます)

⑦スタンプ snowみたいに顔を認識して自動でデコレーションする機能

⑧シャッターボタン

⑨フィルター これでおしゃれな雰囲気にしたり、色味を普通とは違う感じにできます。

⑩美顔レベル 1から7の間で調整可能

皆さん気になるのは⑦⑨⑩あたりでしょうか。ただスタンプはSNOWで十分なのでここでは割愛します。

⑨フィルターのオススメ、というか私がよく使うのはSweetとHaloです。ふんわりした感じにしたいときはSweet、少しノスタルジックな雰囲気を出したい時はHalo(もしくはBrooklyn)。どのフィルターも程度を調整できるので、自分の好みのかかり具合にして下さいね。ちなみに他のカメラアプリだとフィルターで肌を綺麗に見せてくれるものを探したりしますが、BeautyPlusは美顔レベルの調整で十分に綺麗になっているので、フィルターはただ写真の色味や雰囲気の変更だと思っておけば大丈夫です。ちなみにフィルターは後からパーツ編集でかけることもできるので、ここでは何もせずに撮る方が良いかと思います。

⑩美顔レベルは7がオススメです。まあ元々お肌が綺麗な人はもっと下げても良いのかもしれませんが、最大の7まで上げても十分に自然に盛れていると思います。

ちなみにいくらBeautyPlusでも元の写りが絶望的に悪ければ可愛くなりませんので、できるかぎり可愛い表情で写って下さいね。自撮りのコツはスマホを少し傾けて斜め上から撮ること。こうすると自然に上目遣いになって目が大きく見えるし、影が出来づらいので顔が明るく写ります。また、シャッターをタイマーにすると表情が作りやすいのでオススメですよ。

パーツ編集では細かい調整が色々できる

メインメニューからパーツ編集へ行くと撮った写真が並ぶので、編集したい写真を選んで、パーツ編集をタップ。すると以下の画面になります。写真はウィッグを被ったかおるです。(気持ち悪いとか言わないの)

f:id:hamchang:20170520002501p:plain

パーツ編集には大きく3つのメニューがあります。

①編集
写真を切り抜いたり、ぼかしたり、回転させたり、「可愛く盛ること以外」の編集はここから行います。

②美顔補正
こちらが一番大事ですよね。その名の通り美顔に補正するためのメニュー。

③フィルター
ここでフィルターをかけられます。自撮りではフィルターは何もつけずに、パーツ編集で、色々なフィルターを試すのが見やすくてオススメです。

さて、当然気になるのは美顔補正ですよね。ここでスマート美顔をタップするとワンタッチで美顔をしてくれますが、その他のメニューを使えばもっと細かく調整ができます。

肌磨き・・・お肌がツルツルになります。写真を撮った時点で綺麗になっているので、やり過ぎるとのっぺりしてきちゃいます。

肌色・・・肌の色を暗めにしたり明るめにしたり調整ができます。

ニキビ隠し・・・ニキビだけでなく、ホクロやあざなど、コンシーラーのように消すことができます。

しわ消し・・・しわを指でなぞると消せるらしい

顔体痩せ・・・スワイプすると顔を小さくしたり、体を痩せてみせたりできるけど、ちょっと画像が歪むこともあるので注意が必要です。

輪郭・・・なんかよくわかんないけど、顔の明るい部分と暗い部分がはっきりする感じ?

増高・・・足を長くしたり一部を長くできる。

目を大きく・・・目が大きくなります。他のアプリよりはナチュラルに大きくなると思いますが、やりすぎると宇宙人になります。

細い鼻・・・私は必須。鼻が少し細くなります。

明るく・・・目を明るくしますが、BeautyPlusで自撮りするとライトが強くて最初から黒目に光が入っていることが多い。

クマを薄く・・・気になる人は使ってみて下さい。

美歯・・・歯を出して笑ってる写真では使うと良いかも。

ちなみに加工はチェックボタンで確定されますが、美顔補正メニューに戻るとバックボタンのような矢印が出ているので、それを押すと加工する前に戻すことができます。

先程のかおるのセルフィー写真に、肌磨き、肌色、ニキビ隠し、目を大きく、細い鼻のパーツ編集を加えて、完成したのがこちら右側の写真です。パーツ編集前の画像を左に置いてありますので比較してみて下さい。

f:id:hamchang:20170520002602j:plain

どうでしょう?美顔モードだけでは消せなかったニキビ跡も消えて、別人ではない程度に自然に盛れているんじゃないでしょうか?

以上で、盛れる自撮りアプリ「ビューティープラス」の使い方の説明を終わりたいと思います。このアプリを開発しているmeituという会社は写真にメイクをしてくれるアプリ、メイクアッププラスも出しています。こちらもおもしろいアプリなので後日、記事にしたいと思います。

キャノン EOS M10を半年使用した感想 初心者のミラーレス一眼におすすめ!

f:id:hamchang:20170506181753j:plain

私が愛用しているカメラ、Canon EOS M10です。ぱっと見た感じはおもちゃみたいな外見ですが、大きいイメージセンサーを搭載した、ちゃんとしたミラーレスカメラなんですよ。スペックの割に価格が安く、EOS M10の購入を検討して、このページにたどり着いた方も多いのではないでしょうか?EOS M3に比べるとレビュー情報が少ないので、不安になっている方もいるかと思います。そんな皆様のために、購入後半年ほど使った私が完全初心者目線でこのカメラの魅力を語りたいと思います。

Canon EOS M10を使用した感想

SNSに写真を載せると「写真撮るの上手ですね」と言われるように

f:id:hamchang:20170506183053j:plain 実るほど頭を垂れる稲穂かな・・・

これはカメラを買って最初の頃に外出して撮った近所の風景。初めてでも簡単にこんな綺麗な背景ボケを楽しめます。

以前まではTwitterやブログなどに写真を載せる時、スマホで撮った写真を載せていたんです。その頃は「写真撮るの上手ですね」なんてコメントは一度も貰ったことはありませんでした。

でもEOS M10を買って、適当に撮った写真を載せていくと、面白いくらい皆さんからお誉めの言葉を頂けるようになったんです!私の腕前が上達したとかいう話ではなく、ただカメラを変えただけ。それだけで自分でもスマホカメラより格段に良いと思える写真を撮れるようになりました。

f:id:hamchang:20170506183614j:plain これも近所のお花を適当に撮っただけ

多分、ミラーレスを初めて買おうと思ってる初心者の多くは、「スマホカメラでは撮れないような綺麗な写真を撮りたい」って思っているはず。お子様の成長記録にしろ、旅行やお出かけの思い出スナップにしろ、美しく残しておきたいですもんね♪特に今はインスタグラムやツイッターで綺麗な写真がガンガン流れてくるから、自分もこんな写真を撮ってみたいって思っちゃう方も多いんじゃないかな?(私がそうでした)

f:id:hamchang:20170506183844j:plain 動きのある被写体はあまり得意ではないのですが・・・

私と同じような気持ちでミラーレスを探している方にはこのEOS M10はオススメです。こんなトロンとボケた写真が届いたその日から楽しめちゃいます。もちろんぼかしが写真の全てではありませんが、多分私と同じように、初心者さんはみんなまずは綺麗なボケに憧れるはず!(笑)
ということで、目的だった綺麗な写真を撮るということに関しては十分満足ができるカメラでした。

持ち運びしやすいのでちょっとしたお出かけに最適

f:id:hamchang:20170506184252j:plain

私の購入前の不安がひとつ。果たしてカメラを買ったところで写真の趣味が長続きするのかどうか・・・。正直お出かけする時にいちいちカメラをぶら下げるのがめんどくさくなってすぐに飽きてしまいそうな予感。こんな悩みは私だけかと思っていましたが、意外とネット上にカメラを買ったものの、あんまり持ち歩かなくて宝の持ち腐れになっている方もいらっしゃるようで。

それなりにお値段も張るものなので、やっぱり買うからには使い倒したい!そう考えて私は一眼レフではなく、重量の軽いミラーレスを選びました。

そしてその選択は大正解でした。多分もっと重かったら私は散歩に持ち歩くのが辛くて投げ出していたような気がします。私のEOS M10はレンズやストラップを着けて450グラムくらい(レンズは下で説明する神レンズ)。たかが450グラムでも首から下げて長く歩いていると結構な負担になります。ただこの程度ならまだ私はそんなに苦になりませんでしたよ。

多分初心者が購入するミラーレスカメラの大事な条件のひとつは小型・軽量であることが挙げられると私は感じています。

ダブルレンズキット付属のEF-M22mm F2 STMが凄すぎる

f:id:hamchang:20170506184629j:plain 紅葉の時期に撮りに行った写真

さて初心者にオススメのミラーレスカメラは小型・軽量であることと、もうひとつ。F値が低く使いやすい焦点距離の単焦点レンズがあることです。

F値・・・焦点距離・・・単焦点レンズ?

多分わからない単語が多すぎて困っちゃいますよね。それぞれについて凄く簡単に説明します。

・F値・・・カメラに取り込む光の量を数値化したもので、この値が小さいほど光を多く取り込めて明るい写真が撮りやすくなります。簡単に言うとF値が小さい方が良いレンズです。

・焦点距離・・・レンズから撮像素子までの距離です。それによって変わってくるのは画角で、焦点距離が短いレンズは画角が広く、焦点距離の長いレンズは画角が狭いです。画角っていうのは簡単に言うと写る範囲のこと。スマホで説明すると、インカメラは自分の手を伸ばして顔がアップになりすぎずに写るようにしているので、画角が広くなっています。それに対してアウトカメラは自撮りにはあまり使われないので一般的にインカメラよりも画角が狭くなっています。

・単焦点レンズ・・・要するにズームができないレンズです。もうちょっと対象を大きく写したい時は自分で近づいて、小さく写したいときは自分で離れなければいけません。
絶対ズームが出来たほうが便利だろ!と突っ込んだそこのあなた・・・正解です。その通りです!ただ、F値が低くてズームができるレンズはどのメーカーもなかなかなくて、あっても初心者は絶対に手を出さないような価格なので、単焦点レンズに絞っています。

f:id:hamchang:20170506184758j:plain これもEF-M22mm F2 STMで撮った写真

さて、用語がわかったところで、見出しのEF-M22mm F2 STMのレンズを見てみましょう。まずはF値、F2はかなり明るいレンズでボケが綺麗です。これほど明るいレンズを本体とセットで販売してくれているのは、現状、キャノンだけだと思います。やっぱり初心者が最初に一番感動するのはとろけるようなボケが効いた写真を撮れたときだと私は思うので、このレンズはキャノンのミラーレス機を持つなら必携です。

そして焦点距離、これは22mmという数字の部分になるのですが、これはフルサイズ換算で35mmくらいになります。ちょっとフルサイズ換算の話をしだすと初心者にはかなりややこしい話になるので、それは別記事に書くとして、単純に画角の話をしますね。
このレンズの画角はかなり標準に近い広角レンズという感じ。広角の割には広すぎない。手を伸ばして自撮りするとなんとか頭のてっぺんから胸くらいまで写った人間が2人入るくらいの感じです。で、この画角、かなり使いやすいと思います。ある程度大きく写したい風景撮りでも・・・。

f:id:hamchang:20170506185411j:plain 標準よりの画角とはいえ、結構広く写せてません?

テーブルフォトや料理にも使いやすいし・・・

f:id:hamchang:20170306091218j:plain お得意のラーメン写真!

スナップや記念写真などのポートレートにも・・・

f:id:hamchang:20170506191054j:plain 広角なのでそんなに離れた位置からじゃなくても良い感じの大きさに

結構幅広く使える焦点距離なんじゃないかなと思います。私はダブルレンズキットで買ったので、EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STMのレンズも持っているのですが、普段のお出かけはEF-M22mm F2 STM 1本だけです。もちろんズームが欲しいこともありますが、ちょっとしたお出かけならレンズの交換とか手間をかけずにカジュアルに楽しみたいというのが一番ですからね。

EOS M10を使って初心者が撮った写真がこちら

さて、今まで載せた写真もEOS M10で撮った写真ばかりだったのですが(被写体がEOS M10の写真だけスマホカメラで撮っています)、もう少し撮った写真を載せていきますので、初心者がどんな写真を撮れるのか、参考にしてもらえれば嬉しいです。

f:id:hamchang:20170506193240j:plain

f:id:hamchang:20170506194243j:plain

f:id:hamchang:20170506194147j:plain

f:id:hamchang:20170506194219j:plain

f:id:hamchang:20170506194626j:plain

f:id:hamchang:20170506194308j:plain

f:id:hamchang:20170506194329j:plain

f:id:hamchang:20170212171256j:plain

f:id:hamchang:20170506194401j:plain

f:id:hamchang:20170506194421j:plain

f:id:hamchang:20170506194451j:plain

EOS M10の購入レビュー!良いところと悪いところ

良いところ

安い

意外にも安い!この性能でレンズが2本付いて新品で5万円ちょっと・・・。これはオリンパス、パナソニック、ソニー等、他社の同じようなスペックのミラーレスカメラ+レンズの価格と比較すると圧倒的にコストパフォーマンスに優れています。もちろん質が悪いから安いというわけではなく、キャノンという、一眼レフを含めたカメラでは国内ナンバーワンの一流メーカーの商品なので、品質も安心できますよね。

なぜこんなに安いのかはよくわかりませんが、昔からカメラ、レンズを製造しているから安く作る技術もできているとか・・・ミラーレスカメラに関してはオリンパス、パナソニック、ソニーに遅れを取っている面もあるので、シェアを取りに行きたいという思惑もあるのかもしれませんね。

パンケーキレンズが良い

感想にも書きましたがEF-M22mm F2 STMのレンズが良いです。薄くてかさばらないし、キットレンズに入っているからお得に手に入るし、写りも良い。(こういう薄型のレンズをパンケーキレンズというそうです)
ただ逆にいうとパンケーキレンズを使わないのであれば、このカメラを選ぶ必要もないと思うくらいなので、必ずダブルレンズキットで買うか、ボディ単体+パンケーキレンズ単体で買いましょう。通常のレンズキットでは標準ズームのレンズしか付いてきませんし、ダブルズームキットでもパンケーキレンズは付属しません。

撮像素子(イメージセンサー)が大きい

撮像素子はカメラ本体の部品の中でもっとも重要な部分で、この大きさ(センサーサイズ)が大きいほど、高画質な写真を撮れます。ミラーレスカメラのセンサーサイズはパナソニックとオリンパスが出しているマイクロフォーサーズという規格を使っている人が多いですが、EOS M10はAPS-Cという一回り大きいイメージセンサーを使っています。そのため、背景ボケや画質が綺麗な写真を撮ることができます。

重くない

持ち運びが楽ちんです。ただこれに関してはパナソニックやオリンパスのカメラの方が軽いものが多いかもしれませんね。先程出てきた通り、イメージセンサーが小さいためレンズサイズも小さくなり、総重量は軽くなりやすいです。どちらを取るかですね。個人的にはEOS M10の重量は持ち運びが嫌になるほどの重さではありません。

撮影モードが結構良い感じに使える

被写体によってF値、シャッター速度、ISO感度などを変えて、理想の描写を得ることは初心者にはとても難しいです。しかしEOS M10はシーンに合わせてたくさんのモードを使うことができます。「プラスムービーオート」「クリエイティブアシスト」「自分撮り」「ポートレート」「風景」「クローズアップ」「スポーツ」「手持ち夜景」「料理」「ハイダイナミックレンジ」「魚眼風」「油彩風」「水彩風」「ジオラマ風」「トイカメラ風」「ソフトフォーカス」「ラフモノクロ」がありますが、私はプラスムービーオート、料理、自分撮り、トイカメラ風、ポートレートがお気に入りで良く使います。これならモードを選んであとはシャッターを押すだけで、綺麗な写真が撮れるので、かなり助かっています。

f:id:hamchang:20170506192714j:plain 撮るのが難しいと言われている夜景も「手持ち夜景」でブレずに・・・

f:id:hamchang:20170506195011j:plain トイカメラ風を使うとノスタルジックでオシャレな雰囲気に

f:id:hamchang:20170506195213j:plain 自分撮りは不自然じゃない程度の美肌モード

f:id:hamchang:20170413221456j:plain 料理は勝手に美味しそうな色味に

誰でも簡単に良い写真が撮れる

何よりもこれが一番!iPhoneよりもちょっと良い写真が撮りたいっていう希望を簡単に叶えてくれた最高のカメラです。

悪いところ

拡張性が低い

M10の上位互換とも言える、EOS M3と比較すると足りないものがいくつかあります。一つは電子ビューファインダーが付けれないこと、もう一つは外部マイクが付けれないことです。私はお気軽持ち歩きカメラにはファインダーは必要ないと思っていますので問題はありません。ただ外部マイクは個人的には挿せるようにして欲しかったかなと思います。

というのもyoutubeに投稿する動画を撮るときとかに、音質をよくしようと思うと、音声と映像を別で録らなければいけなくなるからです。別録りしてあとで編集ソフトで合わせるのは結構めんどくさい作業なんですよね。元々写真用で、あわよくば動画でも使えたらいいなくらいの気持ちで買ったので、最初からわかってはいたんですけどね。

とはいえ自分撮り用のチルト式液晶とか、Wi-Fiを使ったスマホへの転送機能とか、一般的な初心者の方が欲しがりそうな機能は備わっているので、M10でも問題ない人が多いような気はします。もしファインダーや外部マイクが必要な方は少し値段が高くなりますが、EOS M3を買うのが良いと思います。これでも他社の製品と比べたら十分リーズナブルですからね。

EOS M3の詳細はコチラ↓↓↓

レンズの種類が少ない

Canonは一眼レフでは間違いなくナンバーワンですが、ミラーレスに関してはまだまだ後発のため、レンズの種類が少ないです。これはかなり残念な点ですね。レンズの種類というのはカメラメーカーを選ぶ上で一番大事な要素になってくるので、キャノンには今後もどんどんEF-Mマウントのレンズを作って欲しいところです。

初心者にオススメのミラーレスはEOS M10で決まり?

ここまででEOS M10の魅力をたくさん語ってきましたが、じゃあみんなEOS M10を買うのが最適かというとそうではありません。拡張性を求める方はEOS M3を選ぶだろうし、オートフォーカス速度を求めるならEOS M5やM6も選択肢に入ってくるでしょう。(値段は高くなるけど)

そしてレンズの種類や軽さを求めるならば、オリンパスやパナソニックのミラーレスをオススメしますし、動画や動体の撮影がメインならばソニーのミラーレスを選んだほうが良いかもしれません。価格重視の方は中古で安くなっている型落ちのボディを買えば、EOS M10よりも安く済ませることができることもあります。

EOS M10は初心者の方の有力な選択肢の一つではありますが、他にも状況に応じてオススメするカメラは変わってきますので、そのあたりは別記事で初心者にオススメのミラーレスとして、紹介したいと思います。

以上で私の愛用のカメラ、EOS M10の使用レビューを終わりたいと思います。最後までお読み頂き、ありがとうございました。
EOS M10ダブルレンズキットはコチラから↓↓↓

尾張旭市(愛知県)でおすすめのラーメン・つけ麺・まぜそば・ランチ情報を紹介するよ!

f:id:hamchang:20170416220809p:plain

この記事では愛知県尾張旭市にあるお店で、私が実際に行って、食べて、美味しかった、オススメのラーメン屋(つけ麺、まぜそばも含む)の記事をまとめていきます。

土日に外食をすることが多いので休日ランチをやっているかの情報なども各記事には載せてあります。
公式ホームページに記載がなかったり、結構調べるのがめんどくさいんですよね、土日のランチ情報って。
あと、このあたりの地域の場合、車で来店する人も多いと思うので、駐車場情報もしっかり記載してあります!

同じように、瀬戸市と長久手市と名古屋市守山区と名古屋市名東区の記事も書いていく予定です♪

博多らーめん 得道(とくどう)

f:id:hamchang:20170306091218j:plain

最初に紹介するのは尾張旭のおすすめのラーメン屋と聞かれた時に、真っ先に思い浮かぶここ、得道。

名前の通り、元々はとんこつラーメンがメインだったのですが、結構他の新しいラーメンも人気があって、今では色々なラーメンが楽しめます。

オススメはSTO(魚介豚骨系の太麺)や台湾ラーメン、豚まぜそばなど。結構どれを食べてもハズレがない名店です。

写真は台湾ラーメンですが、見ての通り、スープはとんこつです。これは個人的にかなり好きなラーメンなので、一押しです。

ランチセットは土日でも行っています。オススメは「豚めし(小)ランチ」+120円。

↓↓↓↓詳細記事はコチラ↓↓↓↓

hamchang.hatenablog.com

得道

住所:愛知県尾張旭市東本地ヶ原町2-137 コスミック東光 1F
電話番号:0561-52-9998
駐車場:有
営業時間:11:30~14:30 18:00~22:00
定休日:火曜日

つけめん・まぜそば 麺喰(めんばみ)

f:id:hamchang:20170318164234j:plain

今度は濃厚つけめんの名店をご紹介。私が尾張旭で一番好きなつけめんは麺喰さんですね!

がっつり濃厚なスープは男性も大満足するボリュームです。つけめん、まぜそばがこのお店の売りで、大盛りが無料なのも嬉しいポイント!

さらに、ランチタイムはご飯が無料なのも凄い!大盛り無料でご飯も無料って結構なサービスです。しかもこのランチタイムサービスは土日もやっています。

お腹いっぱい濃厚なつけめんを楽しみたい時は麺喰がオススメ。

↓↓↓↓詳細記事はコチラ↓↓↓↓

hamchang.hatenablog.com

麺喰

住所:愛知県尾張旭市瀬戸川町2-83
電話番号:0561-54-1223
駐車場:有
営業時間:11:00~14:00 18:00~22:00
定休日:火曜日

らーめん 功喜(こうき)

f:id:hamchang:20170408164401j:plain

赤、緑、白の三種類の麺が選べる珍しいラーメン屋さん。白はノーマル麺、赤は唐辛子、緑はあおさ海苔を練り込んであります。個人的には海苔の風味が大好きなので、緑の麺がオススメです。

スープも3種類あるので色々な組み合わせが楽しめますが、基本のスープはとんこつです。臭みはまったくない上品なスープです。

さらにチャーシューは豚チャーシューと鶏チャーシューが一枚ずつ入っていて、それぞれ調理法も異なっているという。

麺にもスープにも具にもこだわった、店主の丁寧な仕事ぶりが想像できる美味しい一杯です。個人的には塩らーめんに緑の麺の組み合わせがベストかなと。

ランチタイムはいつでも土日も含めてライス50円引き、また平日は無料で麺を大盛りにできるそうです。

↓↓↓↓詳細記事はコチラ↓↓↓↓

hamchang.hatenablog.com

功喜

住所:愛知県尾張旭市庄南町3-2-4
電話番号:0561-54-1223
駐車場:有
営業時間:11:30~14:00 18:00~21:00
定休日:月曜日

中華そば 龍月(りゅうづき)

f:id:hamchang:20170410224807j:plain

尾張旭市にラーメン街道呼ばれる道ができたり、ラーメン激戦区と言われていた時代があったのはこのお店ができてからだったと思います。

それくらいこの地域のラーメン界に衝撃を与えたお店、龍月。

今ではそれほど目立った存在感があるお店ではなくなりましたが、今でも相変わらず美味しい中華そばが食べられる名店です。

ゆずの入ったさっぱり味の醤油らーめんのイメージが強いお店ですが、実はとんこつ醤油もかなり美味しい。こちらもゆずの風味が香り、あっさり頂ける優しい一杯です。

メニュー表にあるランチセットは残念ながら平日限定で、土日はランチはやっていないみたいです。

↓↓↓↓詳細記事はコチラ↓↓↓↓

hamchang.hatenablog.com

龍月

住所:愛知県尾張旭市大塚町1-11-1
電話番号:052-777-6711
駐車場:有
営業時間:11:00~14:00 18:00~21:30
定休日:木曜日

尾張旭市の名店「中華そば 龍月」ゆずが香る和風スープが美味しい醤油ラーメン♪

f:id:hamchang:20170410224807j:plain

尾張旭に昔からある醤油ラーメンの美味しいお店、「龍月(りゅうづき)」。私は以前住んでいた家がたまたまこのあたりで、まだ美味しいラーメン屋なんてほとんどなかった時代に彗星のごとく現れた「龍月」に毎日行列ができていたのを覚えています。分厚いチャーシューに様々なダシが合わさった醤油スープ、そして歯切れの良い麺に感動し、今思えば私のラーメン好きはこのお店がスタートだったのかもしれません。

尾張旭市はラーメン激戦区だとか、ラーメン街道があるとか言われていたのは、おそらくこの「龍月」ができた頃からだったはずです。がっつり系が好きな人には向かないと思いますが、優しいさっぱり味の中華そば、または豚骨ラーメンが食べたい人には今でもオススメできるお店だと思います。ちなみに結構長い間店名を「りゅうげつ」って読んでいたのは内緒の話。

アクセス・外観

f:id:hamchang:20170410230939j:plain

尾張旭市のラーメン街道と呼ばれていた通りにあるお店。四軒家の交差点を北に進んでいく道です。小さいお店ですが古民家のような佇まいが特徴的なので、わかりやすいかと思います。入り口がめっちゃ低いのが謎のお店。

かおるの感想・評価・口コミ

f:id:hamchang:20170410231541j:plain

中華そば 720円

濁った色の醤油スープは豚骨や鶏ガラや様々な野菜からダシをとっているから。それに返しの醤油ダレとゆずの風味があわさり、上品でさっぱりしているけど奥深い味に仕上がっています。 

麺は中太より細いくらいで加水率は割と低めだと思います。適度にスープを吸いつつツルツルしたのどこしもあるくらいの感じですね。

f:id:hamchang:20170413221456j:plain

具材はチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔、とろとろの温玉。デフォルトで玉子が一つ入ってるのは嬉しいですよね♪ちなみに玉子の上の赤いのはクコの実というやつだそうな。

チャーシューの厚みはまずまず。ずっと昔はもっと分厚いチャーシューが三枚乗ってたような記憶がありますが、この値段ではやっぱり難しいのかな。しっかり味のついた美味しいチャーシューです。

f:id:hamchang:20170413221540j:plain

玉子が珍しく煮玉子ではなく温泉卵のようなとろとろタイプ。これは好みが別れるかもしれませんね。割ると黄身がスープに全て溶け出てしまうので、タイミングは各々見定めて下さい。

麺の量は普通くらいなので替え玉をすることが多いですね。

f:id:hamchang:20170413215527j:plain

替玉 130円

ネギがしっかり乗っているのが嬉しいです。二杯目で卓上調味料のお酢や唐辛子で味チェンジするのもオススメ。

f:id:hamchang:20170410231722j:plain

豚骨しょうゆ金そば 720円

こちらは豚骨しょうゆのスープ。乳化した白濁スープにとろみはそれほどなく、醤油ラーメンと同様にあっさりとした印象。さらにこちらもゆずの香りが口に広がるので豚骨を食べているのに口の中が爽やかです。

中華そばにあった温玉、メンマ、海苔がない代わりにチャーシューは三枚です。個人的には海苔は入れて欲しかったかな。

f:id:hamchang:20170413221744j:plain

しかし、歯切れの良い麺と臭みのないスープはどんどん食べ進みたくなる味でレベルの高いさっぱり系とんこつラーメンですよ。私は醤油よりこちらを頼むことのほうが多いです。

メニュー

f:id:hamchang:20170413214932j:plain

最近のラーメン屋にしては珍しく食券ではなく、口頭での注文になります。醤油ととんこつ醤油の他にはつけ麺もありますが、あまり頼んでいる人を見かけたことはないかも。ちょっと気になりますが、私もまだ頼んだことないんですよね。

f:id:hamchang:20170413222302j:plain

こちらはお得なセットメニュー。

ランチ情報

上のメニュー表にあるランチセットは残念ながら平日限定。土日はランチはやっていないみたいです。

店内の様子・内装など

店内は外観同様に和のテイスト。カフェのような綺麗なお店とかではありませんが、人形などが置いてあり趣のある雰囲気です。

f:id:hamchang:20170413222431j:plain

卓上調味料はこちら。お酢はさっぱりスープがさらにマイルドになるので味変したいときにおすすめ。辛みを足したいときは一味みたいなのがありますが、ちょっと入れただけでもそこそこ辛くなるので注意。一味じゃないのかな。

その他・駐車場情報など

駐車場はお店の前と横にあります。それほど台数は多くないですが、比較的駐めやすいと思います。店舗は尾張旭店の他にも梅森店(日進市)と豊田店(豊田市)があります。

店舗情報

住所:愛知県尾張旭市大塚町1-11-1
電話番号:052-777-6711
駐車場:有
営業時間:11:00~14:00 18:00~21:30
定休日:木曜日

尾張旭市の「功喜」3種類の麺を選ぶことができるこだわりのラーメン店がおすすめ!

f:id:hamchang:20170408162800j:plain

赤、緑、白、3種類の麺を選ぶことができるユニークなラーメン屋さん「功喜」。赤は唐辛子を練り込んだピリ辛麺、緑はアオサ海苔を練り込んだ磯の風味満載の麺、白は純粋に小麦の味を楽しめるノーマル麺です。スープはレギュラーメニューで塩、醤油、味噌(いずれもベースは豚骨)の3種類ありますので、色々な組み合わせで楽しむのもオススメです。また、たまに新作や期間限定メニューを出したりしているのでちょこちょこ覗きに来たいお店ですね。

アクセス・外観

f:id:hamchang:20170408163545j:plain

尾張旭市のラーメン街道と呼ばれていた通りにあるお店。四軒家の交差点を北に進んでいく道です。結構この辺りって龍月とか新谷とか人気店が多いんですよね。白黒の看板は無骨で目立ちにくいですが、大量に立てているのぼりが店構えとはアンバランスに目立っているので、まあわかりやすいかと思います。

かおるの感想・評価・口コミ

f:id:hamchang:20170408164401j:plain

塩らーめん 700円(緑の麺) 麺大盛り150円

塩といっても「功喜」のスープはすべて豚骨ベースなので、これが一番ストレートに豚骨スープを楽しめる味だと思います。ノーマルの白の麺でも良いと思いますが、券売機にもオススメと書いてあるし、塩と緑の麺の組み合わせは店主も自信をもっているのではないでしょうか。

f:id:hamchang:20170408165745j:plain

三重県産のあおさ海苔を練り込んだという麺は見た目もかなりのグリーン。中太ストレートの少しもっちりした食感で食べごたえのある麺です。小麦+うどん粉を配合しているらしいので少しコシがあるような気もしますね。かなり美味しい自家製麺だと思います。アオサの香りも食欲をそそります。これ好きな人にはたまらないと思いますよ!

f:id:hamchang:20170408170531j:plain

具材はチャーシュー、メンマ、ネギとシンプルな内容ながらも、チャーシューは豚肉と鶏肉の二種類が入っているという嬉しいこだわり。豚の方は結構な厚みがあり、しっかりと醤油味がついた角煮のような感じ。鶏の方は胸肉らしいんですがすごくしっとりしていて変わった食感が楽しめる上に、味はブラックペッパーと塩麹で、そのまま食べても美味しいです。メンマはかなり厚めでしゃっきり食感。

f:id:hamchang:20170408173224j:plain

スープは豚骨ベースなのですが、魚介の味もほどよくプラスされていて、濃厚でありながら飲みやすいです。ただ、緑の麺を選ぶと香味油があおさ油になり、かなりスープに磯の香りが広がるので、純粋に塩豚骨だけを楽しみたいなら白の麺をオススメします。ちなみに私はこのアオサの香りがたまらなく好きなので、緑の麺を選びます。ストレート麺ですがまあまあとろみがあるので、結構スープは持ち上がります。

総合的にはかなり満足できる内容のラーメンです。それほど大食いではない私ですが、通常だと少し麺が少なかったので、この写真は大盛りで頼んだ時のものです。ただ大盛りで頼むと後半で若干くどく感じてきてしまいました(笑)卓上のリンゴ酢で味変をして美味しく頂きましたけど。

f:id:hamchang:20170408174106j:plain

醤油らーめん 700円(赤の麺) 麺大盛り150円

こちらはおそらく塩と同じ豚骨スープに醤油ダレを使ったいわゆる豚骨醤油スープになります。塩より味が濃い目になっている気がするので、その時の気分によってスープは選びますね。

f:id:hamchang:20170408174758j:plain

2種類の唐辛子を練り込んだという赤の麺。最初の一口はそんなに辛くは感じませんでしたが、食べていくうちに段々辛くなって汗が出てきます。辛いの苦手な人は止めたほうがいいかもしれません。また、塩よりは醤油か味噌に合うような気がします。赤の麺だと香味油がラー油になるので、濃い目のスープじゃないと味が負けてしまうかも。練り込んでいるものが違う以外はどの麺も同じで、つるつるでもちっとした食感が楽しめます。

f:id:hamchang:20170408175522j:plain

f:id:hamchang:20170408175700j:plain

具材は上の塩ラーメンとまったく同じです。スープは豚骨の臭みはまったくないのに濃厚で一口飲んでレベルの高さがわかる味。麺との組み合わせですが、醤油に緑の麺もやはりイマイチという気がします。というか、緑の麺を頼むなら海苔の香りを存分に楽しめる塩にした方がベター、という方が良いかもしれませんね。私の好みの場合、醤油なら白or赤、塩なら白or緑がオススメですね。

メニュー

f:id:hamchang:20170408180255j:plain

食券制で、入り口を入って左手側に券売機があります。写真のように期間限定のようなメニューがあることもあります。

f:id:hamchang:20170408180611j:plain

f:id:hamchang:20170408180654j:plain

ランチ情報

f:id:hamchang:20170408180754j:plain

ランチタイムはいつでも土日も含めてライス50円引き。また平日は無料で麺を大盛りにできるそうです。ぜひ大盛無料を土日もやってほしいところです・・・。

店内の様子・内装など

まだ比較的新しい店ですし、綺麗な店内だと思います。席数はそんなに多くないですが、私が行くことが多い土日の13時30分過ぎくらいには空いてきていることが多いです。

f:id:hamchang:20170408181356j:plain

卓上調味料やお店のこだわりなど。

f:id:hamchang:20170408181551j:plain

f:id:hamchang:20170408181633j:plain

f:id:hamchang:20170408182553j:plain

f:id:hamchang:20170408182724j:plain

その他・駐車場情報など

席数の割に大きめの駐車場があるので、結構安心して車で行くことができます。場所は店舗前と店舗向かって右側のお店の右側です。

店舗情報

住所:愛知県尾張旭市庄南町3-2-4
電話番号:0561-54-1223
駐車場:有
営業時間:11:30~14:00 18:00~21:00
定休日:月曜日

尾張旭市の「麺喰」はつけめん、まぜそば共に大盛無料で大満足!

f:id:hamchang:20170318160231j:plain

尾張旭市でつけ麺のお店と言ったらココになるんじゃないでしょうか。あまりつけ麺が好きではない私でも「麺喰(めんばみ)」のつけめんは素直に美味しいと感じます。

つけめん、まぜそばがメインのお店ですが汁ありのメニューもあります。時々期間限定のメニューがあったり、5食限定の特別メニューがあったりも楽しめるので、興味ある方は、店主さんのブログをチェックしてみて下さい。

アクセス・外観

f:id:hamchang:20170318160409j:plain

千代田街道(県道208号線)を瀬戸方面から走らせると、三郷小学校の交差点を超えて400メートルあたりで左手に見えるラーメン屋。大通り沿いですが、あまり目立たない白黒の看板なので見落とさないように注意です。

名古屋方面から車で来ると中央分離帯があるため、右折では入れません。

かおるの感想・評価・口コミ

f:id:hamchang:20170318161643j:plain

まぜそば並 790円

並でもそこそこのボリューム感があるまぜそば。ただ大盛り無料なのであまりお腹が空いていない時以外は大盛りで頼みます。具材はもやし、ネギ、ひき肉、チャーシュー、メンマ、玉ねぎ、海苔、ニンニク、魚粉、卵黄。これを豪快にまぜまぜして頂きます。

f:id:hamchang:20170318163210j:plain

麺は太ストレート。小麦の風味も感じられ、美味しいです。ちょっとスパイス?のような味がする気もしますが、全体的には醤油ベースの少し甘めのあっさりめの味付け。パンチがあるわけではありませんが、非常に食べやすいです。追い飯まで美味しく頂ける安心の一杯。

f:id:hamchang:20170318164435j:plain

ひき肉だけでなく、チャーシューも入れてくれるところはありがたいですね、食べごたえと満足感が変わってきます。あとはもやし、玉ねぎ、メンマと、食感を楽しめる具材が多いのも個人的に嬉しいポイントです。

f:id:hamchang:20170318164234j:plain

濃厚つけめん大盛 880円

多分一番のメインメニューのつけめん。茶色くてドロリとした濃厚スープには一味が入っていて辛味もあります。具材は麺の上に乗っているもののみで、卵、ネギ、チャーシュー、メンマ、海苔です。

f:id:hamchang:20170318165158j:plain

麺は多分まぜそばと同じ太ストレート。麺のおいしさを楽しみたいならつけめんがオススメです。スープは魚介豚骨ですが、こちらもカレーのようなスパイスの味がするような・・・。深い旨味があって非常に美味しいのですが、名前の通りかなり濃厚です。油ものが大好きな私もここのつけめんを食べるとかなりお腹が重く感じるので、相当だと思います。

f:id:hamchang:20170318170132j:plain

ある程度あっさり食べたい時はまぜそば、がっつり食べたい時はつけめんという感じでも良いかもしれませんね。余ったつけ汁はスープ割りをもらってそのまま飲んでも良いのですが、ご飯を投入して雑炊にしても美味しいです。

f:id:hamchang:20170318170315j:plain

ただ濃厚つけ麺の大盛とご飯まで食べると途中でちょっとお腹が苦しくなってきますよ、私は。ちなみに私はつけ麺が苦手な理由の一つに麺がヌルいことがあるんですけど、このお店では注文時、あつもりにするか聞いてくれるので助かります。

f:id:hamchang:20170318160231j:plain

豚煮込み汁あり並盛 880円

こちらは汁ありのラーメン。スープは濃厚つけ麺のスープに近いと思います。かなり濃厚でこちらもお腹が苦しくなります。ニンニクも効いて少しくどい味なんですがめちゃめちゃ美味しいです!

私みたいにつけ麺よりラーメンの方が好き、という方はこちらを頼んだほうが正解かもしれません。ただ、麺が前の2つのメニューと違って太縮れ麺なので、その好みが合えば良いと思います。

メニュー

f:id:hamchang:20170318171222j:plain

食券制で入口を入るとすぐ正面に券売機があります。上に載せた3つが主力メニューだと思いますが、つけめん醤油や辛つけ麺などのメニューもあります。上には写真もあるので、選びやすいと思いますよ。結構写真がないお店って多くて困ったりしますよね・・・。

f:id:hamchang:20170318172501j:plain

ランチ情報

f:id:hamchang:20170318172603j:plain

なんとランチタイムはライスが無料なんです。追い飯や雑炊を自分の好きな量で作ることができちゃいます。しかもありがたいことにこのランチサービスは土日もやっていますよ。

店内の様子・内装など

内装は綺麗だと思います。わりと汚れが目立たなそうな黒っぽい店内で、無難な感じなので女の子を連れて行くのも大丈夫です。席数が少ないのはかなりのマイナスポイントですね。テーブル1つと座敷1つは良いとして、カウンターが5席はちょっと少ないかな。特にこのお店は太麺のメニューばかりなので、回転が遅い。結構お昼の遅い時間、13時45分とかに来店しても待ちになることがあります。

f:id:hamchang:20170318173539j:plain

卓上調味料はこんな感じ。これを見て、このお味がちょっとスパイスにこだわってそうな気がするのは私だけでしょうか。

その他・駐車場情報など

駐車場は店舗の向かってすぐ右横にあります。共同駐車場なので、案内をよく見て駐めて下さいね。

麺喰は岐阜県の有名店の白神から独立している方がやられているんだとか。麺は白神と同じ製麺所から仕入れているみたいですよ。確かに店内に積んであった麺入れには「白神製麺所」の文字がありました。

店舗情報

住所:愛知県尾張旭市瀬戸川町2-83
電話番号:0561-54-1223
駐車場:有
営業時間:11:00~14:00 18:00~22:00
定休日:火曜日

映画「SING(シング)吹替版」の感想・評価・レビューを公開初日に観てきたかおるがするよ!(ネタバレなし)

f:id:hamchang:20170316235757p:plain

ミニオンズスタッフ最新作、映画「SING」が2017年3月17日に公開されました。かおるは公開初日に鑑賞してきましたよ!(レイトショーだけど)

とても楽しい作品だったので感想・レビューや個人的な評価(ネタバレはほとんどなし)を記事の後半に書いていきますね。Twitterとかを見た感じもまずまずの評判っぽいですよ。

ちなみにSINGで使われた曲はこちらの記事にまとめてあります。

hamchang.hatenablog.com

映画「SING(シング)」とは

f:id:hamchang:20170316232113p:plain

全世界の興行収入640億円を超えているメガヒットアニメ映画。2016年のゴールデングローブ賞も受賞している作品です。

最大の魅力は名曲が次々と飛び出す音楽シーン。まるでライブを観ているような感覚を与え、観ている人を元気にしてくれるエナジームービーです。ビートルズとかマイケル・ジャクソンなど昔からの定番音楽から、レディ・ガガやテイラー・スウィフトなどの新しいポップスまで、60曲以上が使われています。

あらすじ

f:id:hamchang:20170316233302p:plain

以前は人気だったけど今は廃れてしまった劇場支配人のコアラ、バスター・ムーン(声:マシュー・マコノヒー/内村光良)。彼は現状を打破しようと歌のコンテストを開催することにする。オーディションに集まってくるのは個性豊かな動物たち。

子ブタたちの世話や家事で毎日忙しい主婦ブタのロジータ(声:リース・ウィザースプーン/坂本真綾)。陽気なダンサーブタ、グンター(声:ニック・クロール/斎藤司)。親がギャングで手伝いをさせられているが、歌手を夢見るゴリラのジョニー(声:タロン・エガートン/大橋卓弥)。彼氏に振り回されるロッカー、ヤマアラシのアッシュ(声:スカーレット・ヨハンソン/長澤まさみ)。自己中心的で傲慢なネズミのマイク(声:セス・マクファーレン/山寺宏一)。恥ずかしがり屋で人前で歌うことができない、ゾウのミーナ(声:トリー・ケリー/MISIA)。

たくさんの参加者から選ばれた5名はそれぞれの悩みや思いを胸に抱えながらステージに挑む。

映画「SING(シング)吹替版」の感想

f:id:hamchang:20170316234215p:plain

全編通して楽しかったです。金曜日の夜、残業で疲れている中で観に行ったんですが、そんな疲れを吹き飛ばしてくれる映画でしたよ。

映像は文句なし。動物たちの毛の感じや肌の質感、水の表現やダンスのかわいい動きなど、見事にアニメーションで作り上げていました。歌に関しては最初の方はちょっと歌って終わりって感じなので、ミュージカルのように楽しめるわけではありません。ただそんなフラストレーションを吹き飛ばすくらい、最後のショーは圧巻でした。ゾウのミーナはもちろんなのですが、ネズミのマイクの歌も良かったですね。山寺宏一さん、歌声も良いんだな。

ただし、ストーリーに関しては過度な期待はしない方が良いと思います。本当にシンプルで、あらすじなどをちらりと見た通りの内容だし、特別な深みや意外性などはあまりありません。ただそういう部分を期待する映画ではないと思いますし、群像劇なので一人一人をそこまで深く描いていたら時間が足りませんから、十分な内容だったと思います。というより、あの時間内であの人数のストーリーを詰め込んでいることを考えると、むしろ良く書けていると思います。非常にスピーディに展開が進んでいき、飽きずに楽しめます。

主婦ブタのロジータのお話では家庭内における、主婦の悩みのようなものがあったり、ゴリラのジョニーは毒親問題だったり、一応社会問題的な要素を描いていますが、世界観が明るいので子供でも大人でもライトに楽しめる作品だったと思います。

さて、吹替版は長澤まさみさんの意外な歌唱力など、楽しみもあるのですが、こうなると字幕版も気になりますよね。英語版の声優さんもとても有名な俳優陣がやっているらしく、その歌の上手さが話題になっていたみたいなので、DVDが発売されたら字幕版も観てみたいなと思っています。

映画の最後に、「早くも続編制作決定」と書いてあったので、それを楽しみに待ちたいと思います!